つけもの茶屋

  つけもの茶屋byアルプス物産では長野県信州・木曽で製造した山菜、野菜のお漬物(つけもの)・惣菜(そうざい)を通信販売致します。

お買い物
直 販 店 お 休 み 予 定 
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
         ■がお休みです
 
その他
 
木曾くらしの工芸館
 
業務用のご案内
 
ヤフーショッピング
 
 
 
とっぷぺーじ»  言葉の由来

普段使っていても、その由来をあまり知らない言葉って結構ありますよね。
私(店長)の気になった言葉の由来をご紹介していきますね。楽しみにしていてください。

 

言葉の由来

足元を見る                                                                  2014.06.17


江戸時代、旅はもちろん徒歩で行われていましたから、疲れると駕籠屋を頼みました。駕籠屋は旅人の足元を見て疲れていそうな旅人、お客になりそうな旅人を物色していた事から、相手の弱みにつけこむのを「足元を見る」と言うようになったようです。
 

経済                                                                                   2014.04.28


新聞やテレビ・ラジオでよく聞く『経済』という言葉。実はこれは略語だったんですね。元々の言葉は「経世済民(けいせいさいみん)」または
経国済民(けいこくさいみん)」。この言葉は古代中国から来ている言葉で「経」はおさめる、「済」は救うの意味があり、「世を治めて民を救う」という意味なのだそうです。

おふくろ(母親)                                                                  2014.04.21


鎌倉時代、一家の財産は袋に入れ、主婦(母親)が管理していたそうです。
そこで、その袋を管理している事から主婦(母親)が「御袋様」と呼ばれるようになり、現在では家計を握っているのがお母さんの世帯が多いからなのか、母親を「おふくろ」と呼ぶようになっていますね。

土地(どじ)を踏む                                                                   2014.04.18


「鈍遅」説と「土地」説があります。
「鈍遅」説は、動作が鈍くて遅れている人をさしたことばが、後に失敗することを表すようになり、また
「土地」説は、江戸時代、相撲で土俵外に足を出して負けることを「土地を踏む」と言ったことから、失敗すること、間抜けなことを意味するようになったみたいです。

油を売る                                                                                2014.04.17  


江戸時代の「油売り」からでた言葉で、仕事を途中でなまけ、むだ話などをして時間をつぶすことですね。
当時、行灯(あんどん)の油は升で量り売りをしていたので、油売りは油のしずくが切れるまで、客と世間話をしながら待っていたそうです。
その様子が怠けているように見えたことからきた言葉です。
また、小間物屋が女性を相手に髪の油を売る時も同様で、世間話をしながら商売をしていたみたいです。

ごまかす                                                                               2014.04.16


江戸時代に作られた「胡麻胴乱」と言う「胡麻の菓子」は、見かけはおいしそうだが、食べてみると中に何も入っていないのでおいしくなかったそうです。そこから、表面だけをとりつくろうことを「胡麻菓子」と呼んだのが動詞化し「ごまかす」となって、人目を紛らわすことや、あざむくことに使われるようになったそうです。

アンカー                                                                                2014.04.08


もともとは綱引きに使っていた言葉で、綱引きでは最後尾の人の踏ん張りが勝敗を左右するため最後尾には重い人を配置しますね。そこで、その人を綱を地面につなぎ止める「重し」と言う意味で「いかり」を意味する「アンカー[anchor]」と呼ぶようになり、それを転用して、最後に重要な役割を担う人、特にリレー競技の最終ランナー、最終泳者をアンカーと呼ぶようになったようです。

わりかん                                                                                2014.04.04


「割前勘定」が略されたもので、各自が平等に勘定を払うことを言いますね。
江戸時代。戯作者(げきさくしゃ)の三東京伝が、勘定の支払いを必ず頭割りにしたので、それを「京伝勘定」と言いました。
また、戦争中は、軍隊でよく使われた方法なので「兵隊勘定」とも言っていたようです。
今では、「わりかん」は各自がそれぞれ自分の飲食した分について払う時に良く使われますね。

成金                                                                                    2014.04.04


将棋で「歩」が敵陣に入って「金将」と同じ資格を得ることから、歩のような身分の低い者が、急に金のような力を持つことを指すようになったそうです。そのようなことから今日では、土地を売ったり、事業に成功して急に金持ちになった人のことを、土地成金、新興成金などと呼んでいますね。

おしゃか                                                                                2014.03.25


鋳物職人が火力が強すぎて不良品ができると、「火が強かった」と言います。これを東京の人は、「ヒ」を「シ」と発音したので、「シガツヨカッタ」になり、それがいつの間にか「四月八日」に変わりました。この日はお釈迦様の誕生日なので、そこから駄目になってしまったものを「おしゃか」になったというようになりました。

おけら                                                                                   2014.03.20


虫の「ケラ」が前足を広げている格好が、勝負に負けてお手上げになった状態と似ているところから、有り金を使い果たし、無一文になってしまうことを言います。

いかさま                                                                                2014.03.19


江戸時代 武士があいづちを打つ時は「如何様、左様でござる」と言いました。その武士が失業すると、威厳を保ちつつ陰で相手をだますような人物が現れたので、だまされた相手はそうした武士のことを「如何様野郎」と言ったそうです。
そこから詐欺的な行為やいんちきをすることを「いかさま」と言うようになったようです。

圧巻                                                                                     2014.03.17


中国の故事「諸巻を圧倒す」からきたことばで、書物、催し物、物事などの中で最も優れている部分のことを意味しています。
「巻」は試験の答案のことで、唐から清朝時代にかけて行われた科挙(かきょ)(官史登用試験)の最優秀の答案を一番上に乗せたことから、他を圧して最も優れたものを「圧巻」というようになったそうです。    

おやつ                                                                                  2014.03.17


時刻の「八つ」(2時~3時)からきたことばで、間食をすること。またその食べ物の両方を指します。
昔から午後のこの時刻に、お菓子や果物などの間食をする習慣があったことから、間食を「お八つ」と呼ぶようになり、
現在は時刻にかかわらず、三回の食事以外に食べることをいうようになっています。